ホットトイズ スーサイド・スクワッド ハーレイ・クイン トイサピエンス限定版 レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ スーサイド・スクワッド ハーレイ・クイン トイサピエンス限定版 レビュー

 
今回は、ホットトイズ スーサイド・スクワッド ハーレイ・クイン トイサピエンス限定版 レビューです。





(全体像)
Harley Quinn01
映画の実質的な主役はウィル・スミス演じるデッドショットですが、彼以外のスーサイド・スクワッドでは唯一の女性のハーレイ・クインがホットトイズでフィギュア化されました。予約が始まったのが去年の夏だったのですが、トイサピエンス限定版がほぼ一年経って日本で販売となりました(通常版は2017年8月以降発売予定)。

Harley Quinn02Harley Quinn03  back02
全身は劇中よりの若干細身に見えますが、体型や奇抜な衣装などは劇中のイメージにかなり近い見た目を再現できていました。


(各部)

ヘッド
DSC01366DSC01372DSC01375
ヘッドはハーレイを演じるマーゴット・ロビーの顔を忠実にかつ劇中でも多かった口を大きく開いて笑う表情を見事に再現していました。顔に施されたメイクやタトゥーはもちろんのこと、大きく開いた口の中の歯や舌まで詳細に作りこまれていました。

DSC01377DSC01379 
前に垂れた二本の髪の毛は別パーツで備えられ、両耳には形状の違ったピアスも問題なく再現されていました。

DSC01382
ツインテールにした髪の毛は、シルバーの頭髪が先端にわたってピンク、ブルーにグラデーションで変わっていく状態を塗装で見事に再現していました。

 

DSC01388 
衣装には劇中よりは文字が太めですが「Daddy’s Lil Monster」(パパのやんちゃ娘)が描かれ、穴の位置などは劇中と同じではないものの縫製の跡や穴も再現されていました。あと写真では示しませんが、衣装の穴から見えるように下に劇中より簡素な作りですが下着も用意されていました。

DSC01386


ホルスターはスピードローダーとリボルバーを装備でき、胴体にセットできます。ただ私の購入分ではスピードローダーの装備部分が小さいため、スピードローダーを装備しにくかったです。 


DSC01390 DSC01397
腰にはベルトが備えられており、複雑な形状も再現されてます。着脱はできないようですが上下に移動できるので可動の妨げにもなりませんでした。

DSC01405DSC01407
脚は網目模様を表面に施した薄いタイツを履いており、劇中の容姿を再現していました。


DSC01400
そのため脚を曲げるとしわが寄ってしまい、その際は上下に引っ張って伸ばす必要がありますが見栄えはかなり良いです。

 

DSC01410DSC01412
ブーツはスニーカーをハイヒールにしたような変わった形のブーツ(スニーカーヒールというらしいです)になっています。正面は上部の外側に出たひもは再現されていませんが、そのほかの形状とひもやライン等のカラーは再現していました。

DSC01401 
細かく見れば劇中のものにはあったアディダスのマークやロゴは権利上問題でないのは仕方ありませんが、少し劇中のものとは違うカラーの部分が少しあるようでした。まあ塗装は並みの精度くらいでカラーリングも違うところがありましたが、概ねは再現できていました。

 

タトゥー
haedtatotato01
常時見えているタトゥーは左ほおのROTTENとハートマークのものと、腕のクラブのマークの集合?のようなものがあります。どちらも劇中よりは若干薄く見えるのものの形はほとんど劇中と同じようにペイントされていました。


タトゥー集
DSC01403
ボディにはいたるところにタトゥーがあり、左上から、左背中上、左胸部上、右腕肩近く、下腹部、背中下方にそれぞれタトゥーがペイントされています。そのうち2種類は服を着たままだと全く見えない部分にあります。太もものものはタイツを脱がして確認はできなかったのですが、多分正確に劇中の設定どおりのタトゥーが再現できていると思われます。

 

(オプションパーツ)
gun01gun02gun03
劇中の戦闘で使用されデッドショットも使用する機会があった専用のリボルバーは、その特徴的なデザインを再現しています。マガジンには劇中通りLOVE、HATEなどの文字がプリントされており、着脱可能で横に引き出すことができます。


スピードローダー
speed
ホルスターに装備している2個もスピードローダーも付属します。小さいながら細かい形状を再現していました。



ハンマー (トイサピエンス限定)
hammer01 h01h03h04h05
劇中スーサイドスクワッド集結時の一番初めに持っていたハンマーです。側面には文字や模様も忠実に再現され、劇中よりも薄いですがヘッド部分にも目が×になった絵文字が施されていました。ただ劇中で使用したのは少し持ったシーンがあっただけと思うので、こだわらない人は通常版でよいと思います。

 

バット
bat01 b01b02b03
劇中では格闘戦でハーレイが使用したバットです。こちらもハンマーと同じく多数の文字がプリントされており、グリップ部分の再現も問題なく仕上げられていました。

kubiwakubiwa03
劇中終盤まで付けていたチョーカーは、前方には「プリン」(ジョーカーのこと)の文字が、裏にはハート形の南京錠がついたバックルも小さいながら詳細に再現されていました。

スタジャン

jan01jan02jan03
首輪と同様に劇中中盤まで着ていたスタジャンも付属し、髪の毛と同じく左右それぞれブルーとレッドのカラーで背面にも劇中同様のデザインが刺繍で施されていました。肩部分にはワイヤが内蔵されているので、ハーレイに着せた際にスタイリングやポーズにあわせて調整することもできます。

 

ブレスレット
let01 rist
劇中でも装備していたブレスレットも二種類が付属し、ゴールドの塗装や文字及びトゲの形状も小さいながら細かく作られていました。



スタンド 
stand04
スタンドは従来のものと同じく下からフィギュアを支える支柱タイプのものでした。前方に映画のロゴとハーレイの名前などが施され、台座上面は道?のようなジオラマになっていました。


ハンド

handshands02
ハンドは手袋を付けた左手、マニキュアや指輪を装備した状態を再現した右手が付属し、バット、銃持ち手が左右それぞれ、バットの横に持つことに対応した形状の違う手が左右付属します。

hands01
左手の指にはツメの部分にEVILの文字が非常に小さいのですが再現されていました。

joint
ハーレイの手首のジョイントはいままでの女性フィギュアとは違って、フィギュア本体接続部に対して先端の接続部分が直線ではなく斜めにセットされていました。

ハンドバック
bag03

bag02
ハーレイがショーウインドウを破壊して奪い取ったハンドバックが付属し、開閉はできませんがチェーンは金属製でバック本体もメッキが施されており劇中と違和感なく仕上がっていました。


がれき(?)
op01op02
他にコンクリートの破片のようながれきも付属します。つくりは問題ないのですがブルーレイをざっと見直しましたが出てきたシーンがちょっとわからなかったので、また見直した際に確認したいと思います。


バックボード
backboard 
ジョーカーと同様に、ハーレイクインをイメージした専用のバックボードが付属します。



(可動性)
DSC01414
二つのツインテールの髪は360度回転できます。 また若干ですが左右にも広げることができます。

DSC01416DSC01420DSC01422DSC01426
ヘッドは上下左右ともに可動域はそこそこ高かったです。ただチョーカーを装備すると前方への可動域が若干低下します。

 

DSC01428DSC01431
肩の可動域は上下左右とも問題ありませんが、ひじが90度までしか曲がらないのでバット両手で持つ際などには劇中通りとはいかなかったのが残念でした。

hhh 
胴体は若干後ろにそらせることができます。ただ前方にはほとんど曲げられませんでした。

 

rotationbend02
上半身は少しですが左右に回転することができます。ただ可動域写真で見てもあまりわからないくらい少しだけなので、無理して動かさないほうがいいかもしれません。

DSC01438
脚は前方に約70度ほどまで上がります。

 

leg01
脚は左右には60度ほどは無理なく開脚できます。一応90度近くまで無理すれば開きますが、上部のタイツが大きくたわむので注意が必要です。なお、ブーツは若干前後左右に可動域がありますが、接地性はそこまで高くないのでフィギュアを自立させる際には注意が必要です。

leg02
ひざは説明書では70度まで曲がるとありますが、写真のように90度近く曲げることはできます。しかしタイツにしわが大きくつくのであまりしないほうがいいかも。

 

(そのほか)
quin03quin01quin02
quin05

quinn02quinn01

quin04q06q07quin02quin01joker&quinn

以上、ホットトイズ スーサイド・スクワッド ハーレイ・クイン レビューでした。

 

(総評)
良かったところ 
ヘッドは劇中でのハーレイの笑った表情を高い完成度で再現
リボルバー、バット、スタジャン、アクセサリーなども充実し、劇中の戦闘シーン等の衣装に対応可能
タトゥーは全身にわたって施されており、衣装で隠れている部分も忠実に再現

気になったところ
可動性は肘、腹部、脚など若干低く、もう少し広いとさらによかった

劇中の笑っている印象的な表情を見事に再現し、髪や全身のメイクやタトゥーなどもかなり詳細までこだわって再現されていました。武器やアクセサリも戦闘場面から終盤までの劇中を再現できる分は付属しており、劇中でのメイン戦闘をイメージしたディスプレイにはほぼ対応できると思います。そしてタトゥーは衣装で隠れているところまで詳細に再現しており、劇中の魅力を損なうことなくフィギュア化できていました。

残念な点は肘や腹部、脚などの可動性が最近のホットトイズとしては若干低く、よりポーズに対応できるようにしてほしかったですね。また戦闘以外では笑っていることも多かったですが攻撃するシーンでは結構キッとした表情で戦っていたこともあり、口を閉じたそのような表情のヘッドも付属させてほしかったです。 あと少しですがブーツなど劇中衣装とデザインと異なっている点もありました

少し残念な点もありましたが、それ以外の本体の衣装、装備、タトゥーも詳細に作りこまれており、劇中のハーレイの魅力を現時点では十分に再現しているフィギュアだと思います。この映画のハーレイ・クインの劇中に近いフィギュアが欲しい人は、日本では今月以降発売予定の通常版の購入を検討してもいいかもしれません。

スーサイドスクワッドから出るホットトイズフィギュアは、すでに発売したデッドショットとこの映画版限定バットマンでリリースは終わりのようです。すでにジャスティスリーグのリリーズが始まっていますが、スーサイドスクワッド2もしくはバットマンの単独作出るならば、ハーレイやジョーカーも活躍してフィギュアも出てほしいですね。

それでは今回はこれにて。

 


ホットトイズ ハーレイ・クイーン(あみあみ)(楽天)(駿河屋

(関連レビュー)
ホットトイズ スーサイド・スクワッド デッドショット レビュー
ホットトイズ スーサイド・スクワッド ジョーカー パープルコート通常版 レビュー

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ