バンダイ HI-METAL R 「戦闘メカ ザブングル」 ザブングル ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイ HI-METAL R 「戦闘メカ ザブングル」 ザブングル ミニレビュー

zatop

今回は、バンダイ HI-METAL R 戦闘メカ ザブングル ザブングル ミニレビューです。





 

(全体像)

z01z02z03 back03
1983年放映のアニメ「戦闘メカザブングル」より、主役機体「ザブングル」がVF-HIMEWTALで立体化されました。 私は超合金魂版を所有していなかったので比較はできませんが、ブルーは成形色のため劇中のカラーより薄めでしたが他の部分はパーツや塗装でカラーリングを再現しており別段問題ない外見の再現度でした。

(各部)
DSC01460DSC01462DSC01464DSC01466DSC01468
頭部は劇中に準拠した形状を再現し、頭部付近の塗装も精密に塗装されており見栄えも違和感なく問題ない作りでした。

 

DSC01471DSC01472

DSC01475
胸部の円形部分は周囲をレッドで中央をイエローのクリアーパーツが使用されており、腹部前面にはダイキャストパーツが使用されていました。


DSC01477DSC01480
足先はダイキャストが使用されており、関節ギミックによる接地性も高いことも加えて安定した自立が可能です。

DSC01484DSC01486DSC01489
背面の造形も別段問題なく、劇中のイメージ及びサンプルから目立つ劣化もなかったです。

 

DSC01492
腕部分の穴は専用パーツで埋めることができます。

 

サブ・ザブングル
saub02

sub02

back02back01
劇中で主人公「ジロン・アモス」がザブングルを強奪する際にウイングを破損した「サブ・ザブングル」をパーツ交換で再現できます。両腕のタイヤ用パーツ、背中のウイングは破損型に交換するとサブザブングルを再現できます。



(オプション)

hands
ハンドは、握り、開き、銃持ち手、ランチャー持ち手など左右計10種類付属します。

parts01
ウイング、通常、破損状態、アンテナ予備×2、コックピット

parts02
トレーラー用ウィング

support
魂ステージ接続用アタッチメントパーツ

 

weapons01
連装キャノン、ホルダー、持ち手、専用ライフル

weapons02
3連バズーカー、9連装ミサイルポット、スッキパー用後部パーツ、シャッター


ザブングル(フル装備)
full01full02full03full04 
すべての武器を装備したフル装備状態ザブングルです。多数の武装を装備していますが、脚のダイキャストパーツ等の重さのおかげで、安定して直立が可能でした。ウイングを交換してサブザブングル状態でも再現できます。肩のミサイルランチャーなどは可動するので方向を変えることができます。

 

DSC02450
ザブングル本体には専用パーツを使用して、魂ステージの支柱と接続することもできます。

 

ブングルスキッパー
 l01l02l03l04l05l06l07
ザブングルを分離させることで上半身をブングルスキッパーに変形させることができます。形状は劇中イメージと違和感なく、地上走行状態と飛行状態をタイヤ部分を変形させることにより再現することができます。

l08
専用パーツを取り付けることにより魂ステージの支柱を使用することができます。

 

ブングルローバー
s02s03s04s05
ザブングルの脚部分をウイングを交換して変形させることにより、ブングルローバーを再現できます。ローバーの形状も問題なく、コクピット下に車輪を引き出すギミックもありました。

s01
ローバーも同様に専用パーツを使用して魂ステージの支柱にセットすることができます。

 

ブングルトレーラー
t011t02t05

t03
ブングルローバーをシャッターパーツを取り付けて変形させると、ブングルトレーラーを再現できます。OPではありませんでしたがライフルを上に装備することもできます。


(可動性)
move03
腕は前方に引き出すことはできませんが上下左右には十分な可動域があり、二の腕を軸に360度回転も可能でした。腰も左右に回転及び前後にもそこそこ曲げることができる可動域がありました。


move02
股関節は引き出し式のため可動域を広げることができ、左右には180度近く開脚することも可能でした。また脚は股関節を軸として左右70度ほどは十分に回転させることができました。

move01
ひざは約90度ほどまでしか曲がりませんが、股関節部分の可動域の高さや足先も引き出し式のギミックがあるため接地性は高めでしゃがませることも可能でした。



(そのほか)
op06op08op07op09
op01


アニメOPではブングルローバーとスキッパーが合体してから胸部が180度回転してザブングルになるのですが、今回のものは飛行状態のままドッキングはできずそのまま劇中OPのように変形するのは難しいようでした。

DSC02346

op10  

z08
op04

op02op01op03op06

zz01z07z06
 
za03 z05

run01z04run02
以上、今回は、バンダイ HI-METAL R 戦闘メカ ザブングル ザブングル ミニレビューでした。

(総評)
ボディーのブルーは成型色だが、形状やそのほかのカラーなど劇中やサンプルから劣化せず再現
フル装備、サブザブングル、ブングルローバー、スキッパー、トレーラーへの分離合体を再現
各関節の可動域は高めで、対応ポーズが広い
できれば劇中OPの変形を完全再現できるとよりよかった

 

私は超合金魂のザブングルは所有したことがないので比較はできないのですが、今回のザブングルは劇中及びサンプルから目立った劣化が少なく再現した造形、可動性、そしてフル装備、分離合体などを再現できるなど、ザブングルの可動フィギュアとしてはなかなか完成度は高かったと思います。ボディのブルーは成型色なのとアニメOPそのままの変形プロセスは再現しにくいことは残念でした。ただそれがあってもプレイバリューは高いので、ザブングルのファンはもちろんのことスパロボなどで知った人でも劇中をイメージした変形、合体、ポーズにも対応できるので楽しく遊べると思います。

次はてっきりザブングルのパーツの流用が効くブラッカリィと思っていたらティンプのガバメントが商品化されるようですが、ウォーカーギャリアやブラッカリィもぜひ商品化してほしいですね。あと縮尺は小さくなってもアイアンギアーにも期待したいです。

それでは今回はこれにて。

 


HI-METAL R ガバメントタイプ(ティンプ機) 『戦闘メカ ザブングル』
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ