ホットトイズ クォータースケール ダークナイト ジョーカー、クォータースケール バットマンビギンズ バットマン、ジャスティスリーグバットマン(タクティカルバットスーツ版)など情報公開20170725 - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ クォータースケール ダークナイト ジョーカー、クォータースケール バットマンビギンズ バットマン、ジャスティスリーグバットマン(タクティカルバットスーツ版)など情報公開20170725

20245890_10154723352012344_3441708587957703323_n
20246327_10154723376427344_5828210865565393130_n20292921_10154723330872344_457799611489747130_n
サンディエゴコミコンで展示されたQSジョーカー、バットマンなどの情報が公開されました。
画像が多いため、続きは「続きを読む」からお願いします。
 





(ホットトイズ クォータースケール ダークナイト ジョーカー 情報公開)
20247929_10154723352512344_4097251501746704226_o
先週のサンディエゴコミコンで発表された、ホットトイズのクォータースケールのジョーカーの情報が公開されました。

20257975_10154723352387344_7838757248300713195_n
ヘッドは以前出たエインターベイ版よりも若干丸めに見えますが、ホットトイズVER2.0などのヘッドの造形に近い造形に見えます。あと目については記述がないのではっきりしませんが、写真から見ると眼球可動システムがあるのかどうかはちょっとわからないのでより詳細な公式の発表が待たれます。


19095734_10154723352572344_6947110916957118467_o
ギャングのアジトに手りゅう弾を身に着けて乗り込んだ時の装備やトランプも付属。
 
20368784_10154723353307344_5331335159016661147_o
あの鉛筆が消えるマジック?に使用した鉛筆も付属。


20232859_10154723352487344_1842966268019349950_o
劇中で使用したサブマシンガンと折り畳みナイフも付属するようです。ただロケットランチャーも使用したと思うので、それがないのが残念ですね。
20233115_10154723351677344_5766797957934721143_o
バットマンはすでに1/4スケールで出ていますが、持っている人はこのポーズも可能ですね。


20294404_10154723351667344_1096237637719752778_n
そして上着を脱ぎハンドを付け替えることで、取調室のシーンを再現することも可能のようです。


20140036_10154723352522344_532160650644808400_n20247888_10154723354597344_5731412048661022446_o
そしてスペシャルエディションには、演じるヒース・レジャー氏の顔からジョーカーへと変わっていく状態を再現したヘッドが付属します。まあVer2.0のように笑った表情のジョーカーでも良かったと思いますが、劇中にはなかったヘッドですがこのセットでしか買えないこともありファンには魅力あるアイテムになるかもしれません。

20246262_10154723353757344_2859621649641583033_n20245678_10154723353612344_160488512142455605_n
他にも1/6スケールではVer2.0のボーナスアクセサリだった起爆装置やショットガン、ハンドガン、拳銃、靴の仕込みナイフなど武器が多数付属します。交換用ハンドは手袋を装着したものと素手のものが付属し、スタンドの台座もジョーカーをイメージしたデザインになっているようです。ただクラウンマスクは付属しますが多分被ることはできそうになく、銀行強盗シーンのカバンなどもないので銀行強盗シーンが再現できないのは残念ですね。今後1/4スケールで銀行強盗や市警儀仗隊などジョーカーが単独で出るのは考えにくいので、衣装は値段が上がっても加えてほしかったです。
 
今回のフィギュアは以前1/6スケールジョーカーも担当したヘッドペインティング、スカルプチャーアーティストのJC. Hong and Yulli両氏が再び担当しており、ホットトイズでも人気作のジョーカーだけあってかなり力の入った完成度に期待が高まります。衣装が多数付属しなかったのは残念ですが、1/4スケールダークナイトバットマンとディスプレイしたいこともあり、私も目が動くのかどうかと限定版は悩みますが通常版は値段次第で購入を検討したいですね。あと、ヨーダのように製品版では植毛に頭髪がなるくらいのい改良もあったらいいですね。
 
 
 
(ホットトイズ クォータースケール バットマンビギンズ バットマン 情報公開)
20280282_10154723377117344_130053075457876189_o
そして、同じくクォータースケールからバットマンビギンズ版のバットマンの情報が公開されました。

20286762_10154723378657344_7900517281945570656_o
スーツはバットマンビギンズ時とダークナイト序盤まで使用したものになり、ダークナイトスーツとの共通部分も少ないので新規造形されています。バットケープも磁石で着脱可能になったようです。



20293156_10154723377017344_403487297734810612_n
バットマンヘッドは3種類の口パーツを交換することができ、劇中の場面にあわせたディスプレイが可能です。こちらもジョーカーと同じく目が動いているようにはちょっと見えないので、目線は変えられるのか今のところ不明ですね。ダークナイト版も動かせたので眼球可動には対応してほしいですね。

20246327_10154723376427344_5828210865565393130_n20294201_10154723377387344_3727507208801578485_n
もちろんのことバットラングや証拠品のカード(バットマンビギンズは以前見てからかなり経っているいるので記憶があいまいですいません)などのアイテムも多数付属するようです。

20368908_10154723377092344_3069121101862024722_o
ユーティリティーベルトにはグラップネルガンなどをマグネットで接続することができるようです。
 
 

20248289_10154723378617344_2497066465460589054_o
そして、1/6スケールではイベント限定販売だったクライミングハーネス装備状態を再現できます。

20245921_10154723376982344_1720727988444580136_n
ヘッドはダークナイト版と比べても髪のボリュームが少なく、顔の凹凸も少なめになっているように見えます。


20232955_10154723376617344_3709695047209417874_o
そして付属しているフードを被った状態も再現できるようですね。

20293119_10154723377582344_6437708664719177929_n20294456_10154723376217344_887283963466456584_n20245621_10154723378177344_3661485062071702659_n
そのほかにも、バットラングが破損したものを加えて4つ、ユーティリティーベルトに装備するガジェットが多数、グラップネルガンと装備、特製台座などが付属するようです。できれば1/4スケールのブルースウェインを再現できるスーツもあればもっと良かったのですが、以前出た1/6スケールではクライミングハーネスを付けたバージョンはイベント限定で買えなかったので、私を含めて1/4スケールでもよいならば購入を検討してもいいかもしれません。私はこれも目が動くのか気になりますが、値段次第では購入を検討したいですね。

(ホットトイズ ジャスティスリーグ バットマン タクティカルスーツ版 情報公開)
20247825_10154723330307344_93163244743474472_o
最後は、今年11月に公開開始される「ジャスティスリーグ」より、バットマン(タクティカルバットスーツ版)の情報が公開されました。



20369835_10154723331087344_787074328501125957_o
今回が初公開となるタクティカルバットスーツですが、通常のバットスーツの上に増加装甲を装備したような外見になっています。そして着脱可能なゴーグルが装備されているのも新しいですね。


20258419_10154723331007344_4353032063523614231_n
今回のバットマンは目線と口パーツがそれぞれ3種類ずつ付属するようです。眼球可動システムがないのも残念ですが、できれば目線は左右セットでほしかったですね。

20248029_10154723329557344_3623356070898561732_o20292921_10154723330872344_457799611489747130_n
バットラングやグラップネルガンを装備してポーズをとらせることも可能ですが、装甲が増えた分バットマンVSスーパーマンのバットマンほど可動性が高いかどうかは気になりますね。
20292779_10154723329677344_4636493548363194645_n
20245864_10154723329522344_4179284780407972756_n20245426_10154723329527344_3178407641691437770_n
他にも前バージョンにもあったグラップネルガンや先端各種、交換用ハンド、特製台座などが付属するようです。あとボーナスアクセサリでHuman Mother Boxが付属しますが、現時点では劇中でどのように扱われるかわからないので魅力あるかどうか今時点ではわからないですね。映画公開までは予約を閉め切られてしまうので待てませんが、通常版バットマンも出ると思うのでそちらの情報が出てから購入を検討してもいいかもしれません。
 
(そのほか コスベイビー)
20245615_10154722111532344_6277349107957672611_n
そしてジャスティスリーグからはメンバーがコスベイビーとしてもリリースされるようです。これも数バージョン出ると思いますが、ムービーマスターピースシリーズは以前よりは安くなったとはいえ高価であるので、このシリーズでメンバーを集めてディスプレイするのも良いかもしれません。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ