「ULTRA-ACT エレキング」代行レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

「ULTRA-ACT エレキング」代行レビュー

ek11.jpg
今回は、
「ULTRA-ACT エレキング」の代行レビューです。




「ウルトラセブン」で初登場し、
その後、
「ウルトラマンタロウ」や「大怪獣バトル」にも登場した
「エレキング」が「ULTRA-ACT」で登場です。



「ウルトラマンメビウス」では、
「リムエレキング」
というかわいらしいマスコットキャラとして、
焼き直されました。


それではレビューです。


※本レビューには、
作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影したものなので、
ご了承ください。


「ウルトラセブンの歌」みすず児童合唱団、ジ・エコーズ


「ウルトラマンタロウ」武村太郎


「ウルトラマンマックス」TEAM DASH with Project DMM


「ウルトラマンメビウス」Project DMM withウルトラ防衛隊

※動画投稿者の方々へ、ありがたく使わせて頂きます。



(全体図)
ek1.jpg
ek2.jpg
ek3.jpg
ek4.jpg


(付属品)
ek5.jpg
尻尾パーツ
エレキング幼体
巻きつけ再現尻尾パーツ
放電光線再現パーツ
尻尾放電再現パーツ(A・B)



(角アップ)
ek6.jpg
ek7.jpg
「角」を回転させる事ができます。

(エレキング幼体)
ek8.jpg
付属の「エレキング幼体」は、
「エレキング本体」の「口パーツ」を取り外し、
「放電光線再現パーツ」を取り付ける際に使います。


(放電光線)
ek9.jpg

(尻尾放電)
ek10.jpg
ek17.jpg
「尻尾放電再現パーツ」を使い、
「尻尾放電状態」を再現できます。

(その他適当にポーズ等)
ek11.jpg


(「エレキング」VS「ゴモラ」)

(ぶつかり合う「エレキング」と「ゴモラ」)
ek12.jpg

(「放電光線」VS「超振動波」)
ek13.jpg

(「ゴモラ」に尻尾を巻きつけて放電する「エレキング」)
ek14.jpg

(「ゴモラ」を押さえ込む「エレキング」)
ek15.jpg

(「エレキング」に体当たりする「ゴモラ」)
ek16.jpg


(「エレキング」を「リム」と勘違いする「メビウス」)
ek18.jpg
メビウス「やあ、リムじゃないか。どうしたの,急に大きくなって?」

(「メビウス」に知らせる「テッペイ隊員」)
ek19.jpg
クゼ・テッペイ隊員「ミライくん!そいつはリムじゃない!本物のエレキングだ!」
メビウス「なんですって!」

(「エレキング」に尻尾を巻きつけられて放電される「メビウス」)
ek20.jpg
メビウス「うわー!!」
クゼ・テッペイ隊員「ミライくーん!!」

(倒れる「メビウス」に迫る「エレキング」)
ek21.jpg

(「セブン」登場)
ek22.jpg
ek23.jpg
モロボシ・ダン「デュワッ!!」

(感激する「テッペイ隊員」)
ek24.jpg
クゼ・テッペイ隊員「ウルトラセブンだー!!」

(「エレキング」を押さえつける「セブン」)
ek25.jpg
セブン「ヤー!!」

(構える「セブン」)
ek26.jpg

(「エレキング」に尻尾を巻かれて放電される「セブン」)
ek27.jpg

(尻尾をふりほどく「セブン」)
ek28.jpg
ek29.jpg
セブン「デュワッ!」

(「エメリウム光線」を放つ「セブン」)
ek30.jpg

(左角を吹き飛ばされる「エレキング」)
ek31.jpg

(右角を吹き飛ばされる「エレキング」)
ek32.jpg
ek33.jpg

(「アイスラッガー」炸裂)
ek34.jpg
ek35.jpg
セブン「ダー!!」

(尻尾を切られる「エレキング」)
ek36.jpg

(「エレキング」の首を切り裂く「アイスラッガー」)
ek37.jpg

(首が落ちる「エレキング」)
ek38.jpg
ek39.jpg

(「エレキング」撃破)
ek40.jpg
ek41.jpg

(「メビウス」を抱き起こす「セブン」)
ek42.jpg
セブン「メビウス、大丈夫か?」
メビウス「セブン兄さん、すみません。」
セブン「早く光の国に戻ろうメビウス」

(飛び立つ「セブン」)
ek43.jpg
セブン「デュワー!!」

(後に続く「メビウス」)
ek44.jpg
メビウス「シュワッ!」

(「光の国」へ帰る「セブン」と「メビウス」)
ek45.jpg
ek46.jpg



(総評)


(長所)
「巻きつけ再現尻尾パーツ」
「放電光線再現パーツ」
「尻尾放電再現パーツ(A・B)」等の
付属品のおかげで、
劇中の「エレキングの攻撃」が
ほぼ忠実に再現できる点が、
とても良かったです。

「角」が回転するのも良かったです。

「エレキング幼体」の尾を引っかけて、
「口パーツ」を外すよう設計されているのが良かったです。


(短所)
同シリーズの「ゴモラ」と比較しても、
「可動箇所と範囲」に、
特に変化がなかった点が残念でした。

「アイスラッガー」で
首を切断されたシーンを再現させるための、
「切断面パーツ」なんかも
付属させてほしかったです。

また、
できれば「ウルトラマンメビウス」に登場した
「リムエレキング」を
「ミニサイズ」で付属させてほしかったです。



残念な点はありますが、
これまでほとんど動かないに等しい
「ソフビ人形」しか商品化されてこなかった
「怪獣」が
「アクションフィギュア」として商品化された事は、
やはりうれしい限りです。

ただ、
本「ULTRA-ACT」では、
「怪獣の商品化」に対して、
非常に消極的なのが、
残念でなりません。

「ウルトラマン」や
「侵略者」のキャラと比較すると、
高額になってしまい、
売り上げも悪いみたいなので、
なかなかラインナップが増えないみたいです。

今後、
「プレミアムバンダイ限定販売」で
「ULTRA-ACTゴルザ」が販売予定ですが、
それ以降、
「怪獣」の商品化の情報はありません。


個人的には、
「レッドキング」・「タイラント」・「シーボーズ」・「ゼットン」
・「ミクラス」・「ウインダム」・「アギラ」・「クレイジーゴン」
・「キングジョー」・「ナース」・「パンドン」
「グドン」・「ツインテール」・「ベムスター」・「ムルチ」
・「ベロクロン」・「バキシム」・「ドラゴリー」・「ジャンボキング」
「アストロモンス」・「バードン」・「タイラント」・「サメクジラ」
・「シルバーブルーメ」・「ブラックエンド」
・「ホー」・「マーゴドン」・「ガタノゾーア」・「カオスヘッダー」
・「ディノゾール」・「インペライザー」
等をぜひ商品化してほしいです。

本当に、
商品化してほしい物は、
数え切れない程あります。

何とかリリースの頻度が上がる事を
期待したいと思います。


それでは、
今回はこれまで!


(魂ウェブ商店)
ULTRA-ACT アストラ



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ